借地権を相続するにあたって考えておくべきこと

60代も後半に差しかかり、私も前期高齢者となりました。まだまだ身体は元気そのものですが、周りを見渡すと、いつ何があってもおかしくない年齢だということを思い知らされます。そうなると「終活」のこともまじめに始めないといけないな。
私の場合遠方に子どもたちが住んでいるため、いろいろと考えなければ事柄があります。
家が借地に建っているので、普通に相続できるものなのか、どのような取り扱いになものなのか、さらにはもしこの家が要らないという場合もあるので借地をどのように売却するか、知っておく必要があると思い知り合いのファイナンシャルプランナーさんに相談に行きました。

借地も相続財産になる?

借地とは地主さんから土地を借りている土地のことです。その権利のことを借地権といい、借地権は土地を借りてそこに建物を建てられる権利を指します。
借地に家が建っているということは、私が随分も前に地主さんから土地を借りて家を建てました。その地主さんには地代を支払っているのですが、もうしばらく会ってはいません。
私にもしものことがあり、この借地権の家が相続となった場合、借地権は相続財産となるそうです。
配偶者や子が相続する場合、地主さんの承諾は特に必要はなく、相続したことを後で地主さんに報告し、借地契約や建物の名義を相続する人に変更すれば手続きは終了とのことでした。
地主さんから相続時に土地の返還を求められても、基本的にはそれに応じる必要はありません。借地権は借地者に有利な権利としてあったりするのです。

借地権を事前に売却する考えもある

遠方に相続する子どもたちがもうすでにマイホームを持っていて住んでいる場合、借地権付きの住宅を相続しても却って困ってしまうかもしれない。
そこで生前整理として借地を処分してお金に換えておくという考え方もありました。
しかし、借地権の売却や増改築、建て替えをする場合、地主さんの承諾が必要になるとのこと。
勝手に売却してしまうと、契約違反となり借地権の返還要求を受けるかもしれないのです。そうしたトラブルに発展しないよう、借地権の売却を検討するなら、借地の契約を事前に確認しておくといいでしょうとアドバイスをもらいましたが、それならいっそのこと売却して現金に変えておくということも得策なのではないかと思いました。

借地権の売却方法

借地権の売却には一般の人に買取してもらうか、地主さんに返す形で売却をするか、借地権を取り扱える不動産業者に買取ってもらうかの3パターンがあるそうです。1つづ詳しく説明を受けることができました。

①第三者への売却

地主さんの承諾を得て売却した場合、地主さんに対して譲渡承諾料を支払うのが通常で、借地権の評価額の10%程度とされています。
他にも売却にかかる費用(測定費用、解体費用など)も負担するケースが多いようです。

②地主へ売却する

一般的によく行われるのが地主さんに買取ってもらう方法です。この場合、譲渡承諾料はかかりません。
地主さんにとっても土地の所有(底地権)だけではなく、借地権も加わることで土地の価値が上がるため、メリットがあります。

③不動産業者に買取ってもらう

地主さんが第三者へ売却を承諾してくれず、地主さんも買取を拒否し、売却が進まないというケースがあります。
このような場合、借地権の買取業者に買取ってもらいましょう。
買取業者が解決に向けて地主さんと交渉し、お互いの関係を崩さず売却作業を進めてくれます。
借地権を直接買取!高額買取の秘訣! | Century21 マーキュリー
借地権を処分するのはきちんと手順を踏まないとトラブルになる恐れがあります。
早めの整理を考えているなら、専門家や業者に相談するといいでしょう。