不要品を処分しスッキリ

「これはいつ買ったんだろう?」「全然使っていない」というものがゴロゴロとあることに気づき、妻と一緒に処分することにしました。
ほとんどはゴミとして処分しましたが、妻が持っていたジュエリーは、もう身につけないだろうということでお金に換えています。
妻いわく、年数が経っていてデザインも古いので、高く売れないだろうと思っていたそうですが、予想より高値がつき喜んでいました。

高齢になると物を捨てられなくなる?

日本の家はとにかく物が多くないでしょうか?
若い世代はそうではないかもしれませんが、私と同じ60代やそれ以上の世代になると物に囲まれて生活しています。
「物を大切にする」ことを教えられていたからかもしれません。捨てるにはエネルギーを使いますし、今まであったものがなくなるのは寂しいものです。
すでに亡くなった私の母がとにかく物を捨てられない人でした。
もう着られなくなった古着や擦り切れてしまったタオルをためこんでいて、捨てようとすると「まだ使えるから!」と拒否されたことを思い出します。

不用品を処分することで気分がスッキリ

私は母のようにはならないぞと思っていましたが、子どもたちに指摘され、いつの間にか母と同じように物をためこむようになっていました。
反省し不用品の処分を開始。不用品を処分すると家が広くなり、スッキリした気分になりました。
今後は物を大切にしつつも、家が狭くならないように処分する機会を見極めようと思います。